CWops – CW OPEN コンテスト

CWops – CW OPENコンテスト

2022 09 03 日(木)、いよいよ CW Open – CWO が開催されます。

セッション① 2022/09/03 09:00-12:59 JST

セッション② 2022/09/03 21:00-25:59 JST

セッション③ 2022/09/04 05:00-08:59 JST

CWO は、ITUリージョン1、2、3それぞれのエリアで楽しんでいただけるよう、

4時間毎、3つのセッションにて開催されます。

CWO は、CWops が開催するウィークリーコンテスト CWT と同様なコンセプトながら、本格的なコンテストに仕立て上げています。

目的

CWO は、4時間のセッションを3回、それぞれのセクションごとに集計され、世界中多くの CW局と交信をすることを目的とします。

3セッションは、それぞれが独立したコンテストです。同一局との QSO

は、セッション毎、バンド毎に1ポイントとなります。

複数セッションに参加された場合は、複数セッションの合計も集計されます。

参加資格

CWops のメンバーに限らず、すべてのアマチュア無線家が参加頂けます。

エクスチェンジ

セッション毎に 001 から始まる連番 + ハンドル(名前)

例)“001 HIRO”, “002 KEN” 等 ※ RST レポートは必要ありません。

ポイント

正しくエクスチェンジが交換できた 2WAY QSOごとに「1ポイント」

バンドが異なれば同一局もポイントになります。

セッションが異なれば、同一バンドでの同一局もポイントになります。

注意: DUP は削除せず、そのまま提出ください。

マルチ

セッション毎に異なるコールサイン数(ユニークコールサイン数)

コピーミスをしたコールサインはマルチになりません。

スコア(採点)

セッション毎に集計、ポイント(QSO 数)×マルチ(コールサイン数)

複数のセッションに参加した場合は、すべてのスコアの合計となる複合スコアが別途集計されます。

モード

CW のみ

周波数

1608040201510m

エントリ・クラス

シングルオペレーターのみ。

5W 以下の QRP クラス

100W 以下の LP クラス

1500W 以下の HP クラス

以上3クラスを用意。

パケット・クラスター、スキマー、Reverse Beacon Network 等の利用は可

チーム戦

チーム登録は、以下の URL、ページ下部の “CWO Team Registration” からお願いします。

https://cwops.org/cwops-tests/cw-open/

1チームは、最小2人以上、最大10人以上のシングルオペレータで

構成されます。

チームメンバーには、地理的な制限はありません。

一人が日本、もう一人がイタリア、その他8人がアメリカというメンバー構成も可能で、これは戦略的な意味を強く持ちます。

チームスコアは、参加した全セッションにおいての、チーム内の全プレイヤーのスコアを合計したものです。

よって、3セッションすべてに参加したチームの方が、優勝確立が高くなります。

ログ提出

ログの提出期限は、2022年9月18日(木)までです。

ログは、Cabrillo フォーマットである必要があります。

詳細は以下をご覧ください。  紙ログは受け付けられません。

セッション毎、個別に Cabrillo フォーマットによるログを提出してください。

3セッションに参加された方は、3ファイル送ります。

各ログのファイル名は、セッション名+コールサイン.log としてください。

例)Session1.JJ1FXF.log

      Session2.JJ1FXF.log

      Session3.JJ1FXF.log

ログは、電子データでのみ、以下の URL より受け付けます。

https://cwops.contesting.com/

画面上部 “Log Submission”

をクリックすると、ログ提出用のページが表示されます。

ログの提出は、ファイルを選択して送信するか、下部の入力欄に

Cabrilloフォーマットのテキストを貼り付けることでログ提出がおこなえます。

最後に、忘れずに “Submit Log” ボタンをクリックしてください。

注意:提出されたログは、すべて公開されます。

ログチェックのためにログを提出することにより、参加者はそのログの公開に

無条件で同意したことになります。

ログ提出は、それぞれのセッション毎に、個別に行ってください。

ログファイルをひとつにまとめてしまうと、採点が正しくおこなわれません。

何か問題や質問がある場合は、cwo@cwops.org までご連絡ください。

ログ・ソフトウェア

JI1AQY 堀内 OM 作のフリーコンテスト用ロギングソフトウェア CTESTWIN(4.44) がお勧めです。

http://e.gmobb.jp/ctestwin/Download.html

また、以下のソフトウェアも CW Open に対応しています。

海外コンテストが主な方には N1MM をお勧めします。

便利な機能が盛り込められており、フリーソフトウェアとは思えません。

また日本語のマニュアルもありますし、関連の情報がインターネット上に

たくさんあります。。

 

CQPWIN

by AE6Y, ver 12.5 or later

http://www.cqp.org/Software-AE6Y.html

CQ/X

by NO5W ver 1.7.9.5 or later

http://www.no5w.com/

DXLog

by 9A5K/K5CRO ver 1.025 or later

http://www.dxlog.net/sw/

GenLog

by W3KM ver 8.0 or later

http://www.qsl.net/w3km

N1MM

ver 11.06.01 or later

http://www.n1mm.com

 

N3FJP

ver 1.0 or later

http://www.n3fjp.com/cwopscwt.html

SD

by EI5DI ver 15.43 or later

http://www.ei5di.com/

Skookum

by K1GQ ver 1.1.7 or later

https://k1gq.com/SkookumLogger/

TR4W

by N4AF, ver 4.30.0 or later

http://tr4w.net/

TR4W

by N4AF, ver 4.30.0 or later

How to Setup TR4W for CWO (by Marv, N5AW)

Writelog

by K0PC, ver 12.27c or later

http://writelog.com/downloads

YFKtest

by DJ1YFK, a Linux/Unix logger

http://fkurz.net/ham/yfktest.html

UcxLog

by DL7UCX

UcxLog – Shareware Log and Contest Program

表彰

リージョン(1~3)毎に、セッション(1~3)毎のハイスコアならびに全セッションのハイスコア、計12のトロフィーを授与します。

リージョン(1~3)毎に、セッション(1~3)毎の HPLPQRP クラス毎のハイスコア、合計27の盾を授与します。

* 同じ参加者が複数の賞を受賞した場合、その賞は合算されることがあります。

* 賞の授与には、ログチェック後 100 以上の QSO が有効であることを必要とします。

以上の文章は、CWops ホームページの CW Open の説明、https://cwops.org/cwops-tests/cw-open/

を、大幅に意訳したものです。正式には英文原文が優先されます点、ご留意ください。

Copyright © 2011-2022 The CW Operators Club. All rights reserved. Maintained by: KB6NU, SV2BBK

CWops Privacy Policy

CWops Center of Activity Frequencies : 1.818, 3.528, 7.028, 10.118, 14.028, 18.078, 21.028, 24.908, and 28.028 MHz.